進藤の活躍で思い出したこと

2016年03月07日 21:51

2016明治安田生命J2リーグ 第2節
岐阜0-4札幌 長良川競技場/4,898人
得点 岐阜;
    札幌;22’,35’,41’都倉、44’OG


「点差程の実力差は無い」
試合後のインタビューで四方田監督も都倉も判を押すように
言ってたのですが、これって何か新人研修のインタビュー
マニュアルか何かにあるのかな・・・と気になったのは
私だけでしょうかこんばんは。

ぶっちゃけ実力差はあったよ。ただ岐阜の出来が酷過ぎたので
決して札幌が凄く良かった訳では無いって言う意味だけれども。

後半の停滞が今のウチの現状を物語っている気がします。
運動量で前プレがハマると、前半の様なイケイケの展開になるし
ハマらないと後半の様にDFラインが押し込まれて、不出来な
岐阜にすら一方的に押し込まれるという。
この辺は正直去年の状況と余り変わっていない。開幕戦の
レビューで書いた通り、前プレがダメな時の戦い方をもう少し
どうにかしないと。

ただ4-0での勝利、都倉のハット、進藤のスーパーアシストw
こういったポジティブな要素が、次のホーム開幕戦だったり
序盤の勢いに繋がり、良い方向に転がってくれることに期待。

都倉や進藤、石井ちゃん辺りは開幕戦から良い状態を維持。
前節全くダメダメだった外国人二人と上里が見違える様な出来
でした。ジュリーニョはPSM北九州戦で観たまんま。やっぱ
開幕戦は緊張してたんね?マセードはやっとYoutubeで観た
プレーのイメージに少し近づいてきた。上里も久々に14年頃の
良い感じのプレーが垣間見れた。
新たに先発入りの深井や福森はトップフォームまでもう一歩か?

さて、期待の高いヘイスが途中出場。
何て言うか、ピッチ上の王様的な優雅な立ち振る舞いが印象的
でした。悪い言い方をすればジョグが目立って、どう考えても
重めな感じ。足元は上手くて、ボールキープは出来るけども
そこから前へ向くスピードが現状出せない感じ?

また前線プレスについては理解が足りないのか、行くべき所で
行けてない、が、やらない訳じゃない、って感じ?
当面途中出場で慣らしていくしかなさそう。都倉が幸い好調
なので、昨年の様に都倉がコンディション落とす時期もあると
思うので、そこまでには何とか本来の実力を出してくれれば。

オモシロアシストで平ちゃんもマッチデーで話題にしてくれた
進藤だが、そもそもあそこまで上がって行く頻度が高いのが
面白い。開幕戦のインタビューでも「あれが自分の特徴なので」
と言い切ってて、ウチのユースっ子の中では珍しいメンタルを
持ってて、その辺がクッシーと違うんだよなぁ・・・

って思い出したが、そう言えば何でクッシー出てないの??
クッシーはどうした!クッシーを出せ!!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/887-e5e2a8a6
    この記事へのトラックバック


    最近の記事