スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しみな最終節の展望

2005年11月28日 22:36

恐るべき最終節となりました。
J1は優勝争い(本当は、ここに残留争いがまだ佳境であればもっと盛り上がったのに、当事者達が根性ないから~)。
J2は昇格戦争い。



特にJ1は5チームに優勝の目があり、渦中に完全に巻き込まれてしまった東京。
2つの赤い人達からは恐らく歴史上初めて「ガスガンバってくれ」と願われるのだろうが、こちとらその2チームには出来れば優勝して欲しくない。
複雑な心境である。




まずはJ1


3位以下は勝ち点56のダンゴ。
「オシムの2冠」という素晴らしき可能性も残されているのは救い。相手が波がありすぎてよく分らない名古屋なのは不気味ではあるが、ホームだし勝つだろう。
先週までは最終節、鹿島が一番対戦がきついと思われていたが、柏にとって「入替戦」へのモチベートを保てれば良い程度の意味合いの試合になってしまった。
ただナンダカンダ言っても9割方浦和は新潟に勝つと思う。結果的には得失点差から、実質的には浦和とダブル大阪の争い・・・と書き始めてから気付いたこと。



反町監督の退任発表。


ホームの新潟、俄然この試合の持つ意味あいは、選手・フロント・サポーター、全く違ってくる。
サポーターは勿論(ていうか、いつも)だが、新潟は選手の反町監督への信頼感がかなり厚いチームだと思う。
この人に救われた選手、多そうだもの。そして、昇格を共にした監督であればその感情たるや大きいのではないか。
発表のタイミングが絶妙。最高の演出。
これで浦和の勝率は著しく下がった、かも。


そして上位2チームのW大阪。
ガンバは正直きつい。が、よりどころのアラウージョが出場停止明けで戻り、大黒もなんとか出れそうなので、
気持ち的には連敗のムードは引きずらないような気がする。
キーは同じく負傷明けの二川。万全で出れるとすれば、偏りのない前線への配給で攻撃力は安定すると思う。
高さに頼らないガンバの高速3トップは、どちらかと言えば大柄な川崎DF陣が苦手とするタイプ。
川崎は東京戦では1トップの東京に対し、4バックを引いて寺田をボランチ起用しての守備に成功している。
純粋な3トップではないが、大阪のFWに対しどういう布陣を引いてくるのだろう。
逆に失点数ここまでリーグ15位の大阪が、得点数リーグ6位の川崎のこれまた強力3トップを停められるのかどうか。
この大事な試合で打ち合いというリスキーな戦い方は、これまで一貫して攻撃サッカーを貫いてきた西野もさすがに選ばないだろうと思うが・・・正直、どういう試合になるのか想像つかない。


セレッソは、引き分けると思います。
何故なら、東京調子いいからww 
それだけかよ、っていう感じですが、恐らく間違いないでしょう。
前節鹿島戦での引き分けが象徴しているように、去年降格争いをしたチーム。
確かに安定して後半強さを発揮してきたものの、他のガンバ・浦和・鹿島のように最初から優勝争いに絡んでないチーム。他の不甲斐なさでするするっと首位に立ってしまっただけで、正直この大一番で勝てるだけの自信を持ち合わせていない気がします。
確かにセレッソは守備から入っていることもあり、戦力的には一番安定しているが、負けじと東京のDFも無敗の12試合で失点がたったの7点。非常に安定している。
セレッソ自慢の攻撃陣も相当に手を焼くでしょう。
ただ、東京は恐らくササが出場停止、ルーコンは怪我で微妙なだけに祐介のワントップになりそうな可能性大。んーっ、どうでしょう?
東京、勝って欲しいけど。。。



さてJ2


仙台・甲府とも昇格決定組との最終節。
前節甲府は水曜の札幌戦で全てを使い果たしてしまったかのようなまけっぷり。
なにも引きずっていないことを祈る。福岡はどういうモチベーションで来るだろうか?


仙台は、全く昇格決定後・優勝決定後もモチベーションを下げずに勝って来ている京都との対戦は、アウェイでもあり、少々分が悪い。
どちらも(特に仙台)好きなチームなので、気持ちは微妙。
ただ、今回は甲府に入れ替え戦の緊張感ある戦いを味わって貰いたい気がする。
ただそうした場合、来年の札幌にとって一段と怖い相手になるなあ・・・
一方仙台の場合、なんとなく柏に勝っちゃう気がするので、それもコワイ。(柏も好きなんでJ2落ちするのもイヤだし、なによりさすがに柏・神戸・ベルデイの3チームが来年J2にいたら昇格きっついじゃんw)
ああっ、大変複雑な心境でございます。


あ、札幌はさくっと最終戦は締めて下さい。
恐らくお客さんも一杯はいると思いますので。


そんな楽しい最終節を、友の結婚式でスタジアムへ行くどころか、TVですら観れませんorz・・・
友に言いたい。
「結婚という、目出度い日に大安が相応しいのと同様、式に招待する場合Jのオフシーズンか、中断期間にするほうが、なにかと恨まれずに吉だ」と。
まあ恐らく、当日の出席者でそのように思っているのは私だけだろう、が。

スポンサーサイト


コメント

  1. かぴぱら君 | URL | -

    Blog楽しませていただきました☆
    今度ぶろぱら- Blog Rank Pparadise -ってサイトを立ち上げました(>ω<)ノ
    本公開に向けて、登録サイトを大募集中です☆
    登録数の少ない今のうちが狙い目なので是非是非ご参加下さい☆★☆
    (まだまだ工事中なのですが…^_^;)

    http://r-capybara-blog.com/?tt

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/89-094e65d1
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。