進化した5-3-2は札幌の代名詞になるのか

2016年03月28日 21:59

2016 明治安田生命J2リーグ第5節
札幌3-1京都 札幌ドーム/9,341人
得点 札幌;3’、51’ 都倉 45+3’ 福森
     京都;89’下畠


京都戦の日は運悪く滅多に無い休日出勤でした。
顧客都合なので仕方無いですが、そういう時に限って我が
チームは良い試合をするという、ねw
相性の悪い京都に快勝、京都に勝った年は昇格している、
というデータもある様ですが、さて。。。

帰宅後中継は10試合以上ホーム生中継すると宣言した我らが
TVH様の録画を観ましたが、これがまた斬新過ぎる実況解説。
一応実況は女子アナが務める体ではありましたが、ほぼ吉原が
一人喋り。そしてなんと荒野がゲスト。調整中の身とは言え、
現役選手が自チームの中継で呼ばれるなんてサッカーでは聞いた
事がありません。ただ、荒野の声質のせいで殆ど何言ってるか
分かりませんでしたがw

吉原の解説は試合の流れにピッタリ沿わせすぎることも無く、
かといって完全に脱線することもなく。実況の体の女子アナも
間に試合状況を簡潔に挟むくらいで、サッカーの知識は正直
余りなさそうな感じ。「危ない!」とか「ピンチです」とか、普通の
言葉で説明してましたww

どう思うかは人それぞれと思いますが、私は良いと思いました。
ガチっとした試合中継よりも、より「とっつき易い」事への配慮と
感じます。TV観戦を飽きさせないトークや分かりやすい解説こそ、
TV中継を増やすことの意義に沿っていると思います。
ホームの地方局だから出来ること。
まだ色々実験段階なのかもしれませんが、期待したいですね。

試合は金山の離脱で急遽阿波加がリーグデビュー、宮澤も
おらずユース組中心のメンバーでどうなることやら、と思ったが
いきなりのトッくん先制ゴールが流れを決めてしまった
感があり、ウチは勢いに乗ったし、勝ててない京都は意気消沈
した印象。京都はあれだけ補強したのにどうしちゃったの?

トッくんは愛媛戦のアシストに続き、右足での強烈なシュート。
PKも決めて5試合6ゴールで堂々の得点王。前寛のスルーも
良かった。圧巻は福森のFK。何だかキックに凄みが増してきた。
それに引き替えヒーローインタビューはグダグダというww

四方田監督は清水戦で守備的に安定した5-3-2のシステムを
今節も採用。清水戦で出来なかった高いライン設定が出来れば
攻撃面も十分機能する、ということは分かった。
奪った後の最初のパスを前に付けられて、そこで選択肢が
複数出来れば攻撃の形は作れる。清水戦は前に付けられず
付けても5-3の位置が低くてサポート出来ず、一方的な展開と
なったので、このシステムのキーは間違いなくそこ。

3ボランチも流動的に可変するし、守備時の横スライドや
FWのプレスとの連携も非常に良く、四方田監督が良く言う
「良い守備から良い攻撃」のコンセプトにピッタリ来るシステム
が徐々に出来上がりつつある様に思います。

ただ一点、このシステムだと伸二のポジション無いんだよね・・・
これが今のチームにピッタリであれば、それもまた仕方なしか。
それとも伸二が戻れば3-5-2に戻すのか?他のアイデアがあるのか?

その辺今後四方田監督の手腕を問われるところになりそうです。
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. たかおー | URL | -

    Re: Re:進化した5-3-2は札幌の代名詞になるのか

    コメントありがとうございます!
    やっぱそれしかないですかね?伸二の凄さは分かってるし、プレーは勿論観たいのですが、今ひとつ結果に繋がってないのが気掛かりで。去年のゴメス初ゴールでのパスみたいなのが真骨頂なんでしょうが、どうしても守備面を考えると組み込むのが難しい選手ではありますよね。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/890-a0049686
この記事へのトラックバック


最近の記事