宮澤の気になるクセ

2016年04月11日 11:32

2016明治安田生命J2リーグ第7節
札幌1-0岡山 札幌ドーム/9,467人
得点 札幌;13’福森
   岡山;


岡山戦は今シーズン初の子連れ参戦。
実はナイトゲームに過去連れてきたことは無く、子供達も
妙にテンションが高くて午前中から色々と準備していた様で。
長女がカチューシャに折り紙で「ガンバレ!」「コンサドーレ」
と一文字づつ書いた紙を張り付けた応援グッズ(?)を作ったり
同じく折り紙で横断幕まで作っていて少々ビックリした。
実際にドームでは被るのが「ちょっと恥ずかしい」とか言ってて
それもまた面白かったのだが、いつも以上に応援してくれた。

岡山は今期まだ負け無し、というだけあって非常に守備は堅いし
何よりハードワークが持ち味で、試合終盤札幌の選手が次々と
足が攣る中、変わらず走り回っていた。
正直個々の選手は際立った選手が少ないけれど、それを十分に
補う体力的・戦術的(特にアタッキングサードでの3人目の動き)
に十分に鍛えられており、上位にいるのも納得。

そのチームに耐えて勝って、結果勝ち点差はほぼ無いとは言え
(同じ勝ち点13に4チーム、13位愛媛まで勝ち点3差)
今節を終わって札幌は3位に浮上、結果を見れば悲願と言っても
良い07年以来の上々のスタートダッシュを果たしつつある。
試合毎、試合中のゲーム内容にかなりムラがあるのは十分承知
しているが、仕上がりの早い他チームと比べればまだ伸びシロ
があると見ても良い様に思えてきた。
開幕戦や開幕ホーム後は全く逆の見方をしてた様な気もするが、
この辺はまああれだ、勝ってると色々ポジティブに見えてくる
もんだしw

5-3-2がハマっての連勝でベースをそれにするかと思いきや、
トップ下を置く3-5-2に戻してのこの2戦。何となく復帰間近の
伸二を想定している様にも思える。菅ちゃんの初先発は確かに
萌えたけれど、本来ゴリゴリ行くタイプと見えるのに下がって
ボールを貰ったりする時間が多く正直ミスマッチだった。
加えて病明けの都倉が殆どこれと行った仕事も出来ない中
ジュリーニョが攻守に奮闘、特に終盤それ程得意でないのに
都倉の代わりにロングボールに体を張る仕事をさせられても
厭わない献身ぶりに、MVPは当然の評価。

また、まだまだ本調子で無いとは言え深井さんが攻守を完全に
仕切り出し、去年の稲本を見る様なプレー振り。相方の宮澤が
彼に合せて動いている様も見えた。頼もしい限りである。

さて、その相方であるキャプテンの宮澤。
帰宅後見たマッチデーハイライトで久々に中継で繋がれての
インタビューがあり、誰が出るの?と思ったら宮澤だった。
元々人見知りだし、こういうインタビューが苦手だが流石に
ちゃんと喋れる様になったとは言え、若干緊張気味で。
ドームでの菅ちゃんへの「良くやったねぇ」には笑ったが
一方で近所のおばちゃんじゃないんだから、って思ったし。

かなり平ちゃんが色々と掘り下げようと色んな側面から質問
してくれたが、極力無難なコメントを返す宮澤w
それであっても「昔に比べるとしっかりしてきたよなぁ」と
こっちが近所のおばちゃん目線で見て微笑ましかったのだが
それでも気になってしまったのが、全てのコメントの頭に必ず
「そうですね」を付けてしまうところ。

クセなのか、コメントを考える時間稼ぎのテクニックなのか?
正直どうでも良いことなのだが、結構こういう他人の喋りグセ
が気になって仕方ない。本人に伝えてあげたいとの思いもあるが
私自身が宮澤以上の人見知りなのでw、やっぱ止めておきます。。。
スポンサーサイト


コメント

  1. t_j_shin | URL | 6xKiXaJs

    Re:宮澤の気になるクセ

    「そうですね」問題は根深いですよ。たしかJリーグの新人研修で、
    「インタビューを受ける際の第一声に困ったら「そうですね」を使って時間を稼ぐ」と指導を受けるという話があるらしい(ソース不明)です。
    だから、昔から「そうですね」を連発する選手を見ると「こいつ何も考えてねえなw」と思ったものです。ただ、インタビューアの問いかけも余りにテンプレ過ぎて、もうちょっと気が利いた、選手のオリジナルな言葉を引き出す訊き方出来ないかなあ、ってのはあります。

  2. たかおー | URL | -

    t_j_shinさん
    こんにちは!
    あー、新人研修の教えを忠実に守ってた訳ですかwただ宮澤に限らず、Jの選手は無難に対応してしまうタイプが多いですね。やっぱり野球なんかに比べると圧倒的に機会回数が少ないのも要因の一つかと。
    究極はゴンちゃん、性格もあるでしょうが、コメントを求められる機会が何かと多ければあーなりますね。
    宮澤も今年一年キャプテンとしてそういう機会が必然的に増えるので、段々鍛えられていくのでは、と期待してます。
    プロサッカー選手は喋る事も大事な仕事だという意識がもっと高くなれば、Jの認知度にも繋がって来るのですが。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/892-22d41135
この記事へのトラックバック


最近の記事