Kenband/Going north tour@ペニーレーン24

2016年05月25日 20:36

goingnorth_convert_20160721221753.jpeg



昨日単独ツアーでは実に三年振りの札幌公演となった
KenBand@ペニーレーン24に行ってきました。

アルバムツアーでは札幌は無く無念でしたが、今回こうやって
函館・札幌・旭川・北見・釧路と道内隈なく回ってくれるのは
道民としては嬉しい限り。

今回感じたのは3年前に比べ若い人の層が増えたな、ということ。
自分が年取った分そう感じただけなのかもしれないがw。
地上波出演や最近の露出増の結果なんだろう、開演前に後ろにいた
若い子の会話で「楽曲とタイトルがまだ一致しない」とか、最近に
なってライジングサンってイベントがあることを知った、なんて
言ってて、KenBandが彼らの「ロックの入口」になった訳だ。

そうだとすれば、今回のアルバムで歌った通り、狙った通りに
「伝わっている」ってことだし、相変わらずスゲー人だな、と。
後フロア後方に子連れ専用ブースがあり、子供連れも結構いた。
羨ましかった。私も連れて来たいなぁ←確実にヨメに止められる

ゲストSLANGは相変わらずの貫禄、若干キヨさんのギターの音が
割れ気味で残念だったが、硬派なパフォーマンスと何故か
インスタグラムについて語るKOさんのいつになく?軽いMC
のアンバランスさもまた良かったw

そしてKenBand。正確に測っていた訳じゃないが恐らく1時間半
以上、そしてアンコール入れて24曲も!!やってくれた。

・・・のだが、感覚的には「もう終わっちゃうの?」だった。
結構頑張って最前線でモッシュやってると、どんなに楽しくても
主に体力面の影響でそれなりに時間を感じるのが普通で、昨年末の
ハイスタの40分ですら少しだけそう思ったのに。
要はそれだけ楽しい時間だった。ポジティブなハッピー感というか。
パンクロックがそれで良いの?とかの難しいこと抜きな感じで。

今回3月の武道館と同じSLANGとの組み合わせってことで
「武道館公演を札幌に持ってきた、とも言える!」とのMCから
武道館と同じMaybeMaybeでスタート。次も同じくSaveUs、
次が最近のライブで珍しいSummerOf’99で会場が一気にヒート
アップ。ニューアルバムからの1曲目はIdon’tCare、アルバムで聞く
より更にライブ映えするし盛り上がる。次はKencoYokoyamaからw
カバーのIfTheKidsAreUnited。サビのシンガロングを要求も歌詞が
伝わらず声が小さいと「ナナナナでいいからw!」と促した。

今回出来る限り曲解説と収録アルバム等をMCで丁寧に挟んでいた。
初見のファンを凄く意識してやってて、ずっと支えてくれるファンが
いるバンドだと中々出来ないことだし、一見カッコ悪く見えたりも
する。演奏前に曲名を言わないで始めて、って嗜好の人もいるし。
この辺も健さんの何としてでも「伝えたい」って思いの現れだろう。

DreamOfYou→PopcornLoveで皆笑顔のハッピー感ったらないし
BoysDon’tCryを挟んでのYourSafeRockでは一転ソリッドな楽曲に
併せてモッシュ&ダイブの嵐→また一転YellowTrashBluesでは
ムーディーに・・・とガラガラ雰囲気が変わってくのが面白い。
この辺はニューアルバムの多彩さの好影響と言える。

その後のリクエストタイム、人気の高いILove、最近ではレアな
StillBurningとやったが健さんがヨレヨレ&構成忘れ過ぎで後者は
ギターソロからやり直すというw。結局TinySoulで何とか締め、
セットリストに戻るといきなり全員大爆発のIWon’tTurnOffMyRadio、
PunkRockDreamと来て、ABeautifulSongはサビで感動的な大合唱。
ラストスパート突入でRickyPunksⅢ→TenYearsFromNow、最後は
「健バンドのテーマソングをやるわ」のMCでキターーーー!!
私の一番大好きなLetTheBeatCarryOnで本編終了となった。

「ダメって言われるまでやるよ」のMCからWeAreFuckin'Oneで
リスタート。大合唱のWalk、「初めて来たヤツでも歌えるよな」
とBeliever、ダメ押しでStayGold。ここで遂に「ダメ」の合図が。
ラストは客電付けて「ハッピーな感じで帰ろう」とPressureDropで
言葉通りの雰囲気でライブは幕を閉じた。

ヤバイ。ヤバすぎる。
いい年のおっさんが、更に年上のいい年のおっさんをこれまでより
更に好きになってしまってるというww
こうなって来ると、もう一生付いて行きます!
位しか言うこと無し!

武道館と同じ24曲、PressureDropで終わる構成も一緒でした。
KenBandありがとう。また間空けず札幌に来て下さい!!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/899-84fbd4fa
    この記事へのトラックバック


    最近の記事