HEY-SMITH&KEMURI@小樽ゴールドストーン

2016年08月17日 09:48

HEY-SMITH&KEMURI、小樽ゴールドストーンに行ってきました。
傑作アルバムSTOP THE WARを引っさげ過酷な全県アルバム
ツアーの北海道シリーズは、帯広とRSRを挟んでの小樽。
アクセスが悩ましいことと子供の病気があったので参戦微妙
だったのですが、何とか行くことが出来ました。

小樽ゴールドストーンは勿論初めて。運河沿いの歴史的建造物の
ライブハウスで、カフェ等も併設した非常にオシャレな空間の
周りに続々と集まるキッズ達。物販に並んでたらカフェに来た
女性に「今日は何かあるんですか?」と聞かれた後方の人が
「いやー、言って分かるかなぁ(苦笑)」と困っていたw
KEMURIもいるので年齢層高めの人も多少いてw一安心したが
ヘイスミはやっぱ圧倒的に若い子が多い。

前売りは売り切れとのことで、場内は中々の密集度。KEMURIが
ほぼ定刻でスタート。勿論KEMURIも初めて。ふみおさんのMC
が非常に謙虚で、ワールドツアーもする位凄いバンドなのに若い
バンドからも何かを得ようとするその姿勢、流石だなぁと思い
ました。新曲のサラバアタエラレンでスタート、最新アルバム
FからWindmillやHate、StandingInTheRainやNewGeneration、
SunnysideUp等事前に予習した甲斐もあり凄く楽しかった。
当然PMAやAto-Ichinenは凄い盛り上がりだった。

そういえばこないだイタリア人と結婚した姉の子(従妹)が札幌
に来たのだが、移動の車内でPMAを掛けたら「これ知ってるよ」
って言いだしてびっくりした。向こうの学校の行事で使った様な
話をしていたが、正に世界に通じるバンド。今回観れて良かった。

そしていよいよHEY-SMITH。アルバム1曲目InstreamをSEに
メンバー登場。1曲目はDandadan。今回セトリは正直覚えきれ
無かったが、実にニューアルバムからは覚えている限り9-10曲は
やっている筈。そして予想通りそれらの楽曲はライブ映えする曲
ばかりで、新曲とは思えない盛り上がりだった。
恐らく4-5曲目位で猪狩が「今日は終戦記念日やんか」という
MCでStopTheWarに突入したのにはグッと来た。

ニューアルバム以外で本編でやった曲で覚えてるのがTrueYourself、
DownloadMeIfYouCan、Summerhead、DrugFreeJapan
MyFirstLoveSong、EndlessSorrow辺り。当然もっとあったけど。

個性的なメンバーそれぞれのパフォーマンスも見ごたえがあった。
Task-nはMCの間も叩きっぱなし、ドラムソロやったりテクニック
も抜群だがその体力も凄い。Yujiは驚異的なハイトーンはアルバム
そのまま。イイカワケンはトランペットソロで流石のテクニックも
披露、かなすちゃんは小さいのでよく姿は見えなかったが激しく
トロンボーンを振り回していた。いつもながらカワイイw。満は
激しすぎるパフォーマンスは勿論理解不能な動きが多くw客煽りも
若干分かりにくいw

そして猪狩。狭いステージながら激しくかき鳴らし高くジャンプ
するし、「全力」と言う言葉が1ミリも揺るがないと言っていい程の
パフォーマンス。それに引っ張られる様にメンバー全員が同様に
全力疾走する様なステージング。これがライブバンドHEY-SMITHの
唯一無二の魅力、と言って良いと思う。

BRAHMANも「全力」という言葉が当てはまるバンドだと思うが
誤解を恐れずに言えば、自らの内面と戦う「全力」を観客に魅せ
続けてきたバンド、HEY-SMITHは自分達のバンドが一番カッコ
いい筈、という信念の元その姿を観客に伝える為に「全力」で
パフォーマンスしているバンドではないかと。

流石に年相応に後ろで見ようと、飛び跳ね踊りながらもPA前
辺りでずっと観てたが、猪狩があと2曲と言いLivingInMySkinの
イントロが来て思わず反射的に最前列に走ってしまった。
そして本編ラストはお待ちかねのGoodbyeToSayHelloで大合唱。
アンコールラストComeOnMyDogでサークルモッシュ作って終了、
短時間ながら前線でヘロヘロになり客電も付いたので帰ったのだが、
どうやら2ndアンコールを演ったらしく!!

・・・まあ仕方なし。これは11月のツアーファイナルシリーズで
ZEPP行くしかなさそう。いやー1回観るとヘイスミはハマるわぁ。
スカってやっぱりメロディックパンクに比べHAPPY感がより高め
で皆笑顔なのも良いね。モッシュやクラウドサーフもややライトめ
だし(たまたま?)。

2バンドで一杯スカダンス踊りました!
楽しかった!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/913-3fe84207
    この記事へのトラックバック


    最近の記事