スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワロスの系譜

2016年10月09日 07:38


2016明治安田生命J2リーグ 第35節
札幌1-0水戸 厚別公園陸上競技場/8,269人
得点 札幌;5'ヘイス
    水戸;



今年厚別でのラスト試合になりましたが、私は今年初厚別でした。

最高気温18度との予報を見て、且つ昨日は自転車参戦で結構
到着時に汗もかくので、どうしたものか?と悩んだ挙句インナーに
夏用のクールタイプのコンプレッションウェア、その上にウインド
ブレーカー、現地についてから上に着る様にロングT、レプユニ
あれば大丈夫だろう、と何故か思ってしまった。
結果そもそもコンプレッションウェアで体が冷えるので、上から
何枚重ね着してもヒヤッとし、じゃあ脱ごう思ってもピタっとしてる
ので脱ぎ辛い。試合中はマフラー2枚を首にグルグル巻きにして
何とか寒さに耐え続けるしかなかった。
ドームが当たり前になりつつある今、この辺の準備力が弱ってる
ことが情けなし。

序盤早々にヘイスの得点で幸先の良いスタート。あれは結構
スーパーなゴールで、マッチデーで今週のベストゴールの一つ
に選ばれてた。本人曰くトラップを失敗して右足シュートに変更
したとのことだが、やっぱり技術レベルは相当高い。

ただ、やっぱりストライカー性を求めるとなると少し違う選手で
J1レべルで得点量産出来るタイプのプレーヤーではないだろう。
怪我をしてしまったジュリーニョもしかり。そうなると都倉ウッチー
の準FW2枚の現状だと、J1で戦う為には少々物足りない。

だとすると来期はもう一枚日本人ストライカーor今議論されている
外国人枠増を活用するか?昨日マッチデー見てたら長崎の永井
なんてどう?と脳内補強部が勝手なことを妄想したりもする。

前回エントリで懸念したボランチについて、昨日は二人共改善
されていた。宮澤が本来の調子を取り戻しセカンドボールや
パスカットの予測、プレスを掛けられてもいなして前を向く動き
が非常に良かった。その上前寛が着実に成長、持前のキック精度
を活かしたボール散らしに加え、ポジショニングも良くなったし
スペースへの囮のフリーランも積極的にやっていた。
要は宮澤が天才ぶりを発揮できれば問題は無いってことだ。

一方昨日気になってしまったのは両サイドでしょうか。
いや、石井ちゃんもゴメスも素晴らしいんですよ。動きについては。
二人とも凄く頑張るし、前への推進力もあるし、守備意識も高いし。
ただねっ、ただ、クロスがねぇ。。。

札幌に根付く「ワロス」の系譜。そこだけなんだよね・・・
SAで観てたんですが、後半目の前でゴメスが相手を抜きルックアップ
した状況で誰もいないファーにボールを蹴ったのを見て項垂れてた。
石井ちゃんもいつもの通りw。マセードは守備・運動量で彼らに劣る
けれど、彼くらいのキックが無いと上では厳しいよね。
都倉がいるのに、クロスからのヘッダーでの得点が少ないと思うよ。


二人共ほんと良い選手なんだけど、何とかならんものか。
マセードと石井ちゃんを足して2で割ったら凄く具合良いんだけどw
札幌近郊にそんな人体改造を来年までに可能なマッドサイエンティスト
的な人いないものだろうか?

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/919-8f16f511
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。