カネに負けないサポートを

2016年10月24日 11:32

明治安田生命J2リーグ第37節
札幌1-2東京V 札幌ドーム/18,868人
得点 札幌;福森77'
東京V;高木大30',ドウグラス60'

永遠に勝ち続けることなんて出来ないので、ホーム連勝が
止まったことについては仕方ないし、内容的にはここ数試合
の中ではむしろ良かった方だと思いました。
なんといってもベルディが物凄く闘いに来ていたので、球際
の攻防も非常にスリリングで、単純に面白い試合だった。

ベルディは4-4のブロックが自陣でしっかり形成され、FW
2枚がCBのボール回しをチェイシングし、サイドに追いやり4-4の
サイド2枚で縦を塞いできたが、札幌も巧みにCBの上がりで枚数を
増やし攻略し惜しいチャンスを作り続けた。
が、その上がった裏を一発でやられた。前半はベルディに形は
ほぼ作らせなかったものの、一回のチャンスを決められた。後半
いつものスタミナ的な失速も無かったし、決定機も数回作れていた
だけに残念だった。

前節愛媛にも狙われたが、そろそろ裏一発、ラインブレイク
への対応を考えないと、来年そこを徹底的に突かれる可能性
が高い。この辺は四方田監督も当然考えていると思うのだが
福森という攻撃面のキーマンと増川という高さと1対1に滅法
強いがスピード面で劣る3バックで戦うが故であり、かといって
万能型のCBがリーグにどれだけいるか、というとそういう選手
を金銭面で札幌が確保するのは難しい訳で、何とも悩ましい所
だとも思う。

都倉の持ち味であるパワーが無くなった、と先日のエントリー
で書いたが、この試合ではリズムまで悪くなってきた。パスの
出し手と何とも噛み合わない。結果、苦手なポストプレーも
含め都倉のところでボールロストするシーンが目立ってしまう。
それでも外せない選手であるというのが正直厳しい所。今年は
1シーズンなんとかもったが、来年ここまで彼に負担をかけられるか?

その都倉、ブラジル人3名や福森辺りの残留関連の報道も
でており、正式発表では無いのでなんとも言えないがそう
なってくれないと来年は非常に厳しくなる。

土曜のJ1で湘南の降格が決定した。昨年は見事に残留したもの
の、センターラインを他チームに引っこ抜かれて戦力的に厳し
かったと思う。
あれだけ理詰めでチームを作って精一杯やっても、一年残留
するのがやっとだった、と言うのは残念だし不安も増す。ウチも
今年昇格したとしても、活躍すればしたで毎年
こういう心配は
ついてまわる。

結局はその心配を小さくするには野々村社長が言う通りカネ。
チーム予算を大きくするしかない。

15年のJ1チーム年間売上は予算の小さなところでいうと
仙台22億、新潟25億、鳥栖22億、松本21億、湘南15億、甲府15億。
やはりJ1定着するには最低20億。それもチームスタッフがやるべき
事を確実にやりきりそれでもなんとか中位を維持出来るかどうか、
その位J1定着するのは難しい。

札幌は予算では現状湘南・甲府クラス、鳥栖の様に一気の
ドーピングは無く、地道に増やしていく方針なので、当面
強化を含めギリギリのところで勝負を続けるしかない。

そんな中足りない予算を補うのはサポーターの役割だと思います。
土曜の敗戦後のゴール裏は本当に素晴らしかった。
勿論、今年
それまでホーム無敗だったのもしかり、勝たせるだけでなく選手に
「感じて」貰うサポートが出来れば多くの選手に残って貰い、
札幌でプレーしたいと相手選手にも思わせられるのかもしれない。

残り試合、「勝たせる」だけでなくそういうサポートも出来たら
良いな、と思った次第。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/922-fa0a5a72
    この記事へのトラックバック


    最近の記事