あのときに比べれば

2016年11月01日 10:32

2016明治安田生命J2リーグ 第38節
熊本2-0札幌 うまかな・よかなスタジアム/7,880人
得点 熊本;11’清武、65’平繁


熊本戦は出先でスカパーオンデマンドの小さい画面で観戦
していましたが、2点目が入った瞬間にそっと画面を閉じ
ました。

観てて思ったことは

あんなに頼もしかった都倉がなんにもできねえ。代われ。
増川もぎりぎりの所で一歩出たのにこれじゃただの鈍足CB。
福森もはやフラフラだな
永坂顔がひきつってるよ。それじゃあムリだな。
前兄はいつも折角のチャンス活かせないよね。
前弟ここ2試合良かったのに。ムダなファール多すぎ。
ウッチーシュート打てよ。打ち村だろ?
ゴメスいいかげんルックアップしてんのにワロスやめろ。

とか。

何時もブログエントリはクールダウンしてから書くので、基本
誹謗中傷的な表現はしませんが、試合中は正直こんな感じです。
脊髄反射で思う事は人間ですから結構酷いもんで。

一方でその後「ここに来てついに連敗かぁ」って思った時に
「それってスゲー事じゃない?」って。
急にポジティブに色んな事を思い返し、大いに反省しました。

ブログをやってて良いのは直ぐに過去に思ってたことを振り
返ることが出来る、ということで2011年の昇格の頃の自分の
エントリを読み返しました。

改めてあの年はほんと最終盤一喜一憂の激しい年でしたよね。
そもそも序盤は昇格レースに関われる状況じゃなかった中
夏場スルスルっと上がったけれど、残り10試合で3連敗含め
5勝5敗だったのには改めてびっくり。残り3試合で草津に
アウェーで負けた時にはもうがっつり落ち込んだなぁ。

あの年に比べれば、今の状況なんてなんのことはない。
しかもまだ首位だし!勝ち点3差あるし。
あの年と違うのは東京が1チーム抜けてたこととライバルが
結構負けてくれたこと、自動昇格枠が3だったこと、か。
まあそれでも今年はまだ自力で何とでもなる訳で、相当有利だ。

選手達がもはや疲労困憊なのは良く分かる。
連続複数失点を喫してるのはやはり疲労で危険な局面で最後の
一歩が出ないから。それこそが今年の札幌の堅守を支えていた。
それならば、ホームでもう一度それが出せる様にしてやろう。

怪我の選手が多い中、経験の少ないユース出身選手が出ざるを
得ない状況で、この昇格がかかる中緊張もするだろう。
それならば、自信持ってプレー出来る様雰囲気で支えてやろう。

あの年、初夏に岡山が来て「一体感」という言葉が生まれた。
2011年はそれで昇格出来た。
今年も選手は「一体感」という言葉を良く口にしてくれる。
あの年に比べ、今年の方が色々な力がチームに付いている。
勿論選手にだけじゃない。会社にもサポにも。

ならば、出来る筈だ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/923-0698b2c4
    この記事へのトラックバック


    最近の記事