約束を守った

2016年11月04日 10:20

明治安田生命J2リーグ第39節
札幌4-1讃岐 札幌ドーム/21,582人
得点 札幌;3’ジュリーニョ、11’都倉、27’荒野、35’OG
   讃岐;33’エブソン


昨日の試合展開について、何だかこうなるような気がしてた。

いやいや、前節迄の流れを引きずる様な予想も勿論していた。
ただ、諸々事情あり選手アップ位の遅い時間にスタ入りして
中に入った瞬間、何となく前者の予想の方が強くなった。
熊本で試合後コルリが「最高の雰囲気作るから」って約束
してたが、何だかその通りの空気感が既にあったから。

朝から雪だったし、前日のチケ前売が1万切ってたので多分
15000~18000人位だろう、と思ってたのがまさかの2万越え。
この動員力は街のポテンシャルからすれば当然だが、今の状況
に置かれては本当に有難いし、ウチの「強み」であると思う。
中3日の試合、そして次節は中2日と終盤に来て厳しい日程、
しかも連敗で選手は一年走り続けた疲労感たっぷり、と言う中
文字通り札幌ドームに来たお客さんは「サポーター」だった。
四方田監督が「涙が出そうになった」と言ってくれたけれど
福森は「大黒摩季さんの歌が・・・」ってオイ!w

予想通りCBは増川から河合に。この大一番で河合がいてくれる
ことは本当に頼もしい。そして驚きの荒野トップ下での先発、
ジュリーニョFWも意外だった。ただ一番疲労感の見えた都倉、
福森はやっぱり外せないよね・・・と不安に思っていたのだが
昨日は見違える様に動きが良かった。特に福森はキッカーとして
も勿論、終盤でもWBを追い越して上がったり走れてたし、都倉
も待望の得点に先制点アシスト、終盤にもオフサイドにはなった
が斜め後ろからのボールをダイレクトで叩き込み、全盛期程とは
言えないがかなりキレを取り戻していた。
この3日間で万全の準備をしてきてくれたことが想像できる。

出色の出来だったのがウイングの二人。ゴメスは縦横無尽の
運動量、裏街道を使ったり仕掛けも思い切り良くミドルも枠に。
壁を乗り越えた様に思う。継続さえ出来ればJ1クラスのWBだ。
そして石井ちゃんは「あれ今日の右、マセードだっけ?」と
誰もが思ったに違いないw切り替えしがマセードそっくりで
中央に流れていくドリブルなんかも同じで、乗り移ってた説
を勝手に疑っているw

ボランチ2枚も要所に顔を出していたしCBは河合のライン
コントロールが抜群でオフサイドがかなり取れ、連動した
プレスで相手を自由にプレーさせず、ディフェンス面も大分
取り戻した様に思う。

前半交代した菊地の怪我?が心配だが、交代で入ったのが進藤
ってのが頼もしかった。随分復帰に時間がかかったが、最終盤に
「ムードメーカー」であり「物怖じしない若者」がチームに
戻ってきたのは心強い。荒野も正直今年は物足りない一年だった
が、昨日もフル出場で得点も取り、疲労感の高い前線3枚の中で
運動量の部分を請け負ってくれるのは物凄く大きい。

追ってくる松本・清水は当たり前の様に負けずにプレッシャー
を掛けてくる。ただ、ダイジェストながら試合内容を見ると
簡単に勝ってる様子でもない。ウチと同じ。
昨日はホームの後押しがあったから良い流れになったが、この
取り戻した勢いが本物かどうか?

残り3試合、苦手徳島と得意フクアリとアウェーが続くけれど
最終節は「3万から4万」wの大声援の後押しが待っている筈。
それを信じて、選手達はこの連戦で残るパワーを振り絞って
ドームに帰って来てくれ!!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/924-be4d62e3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事