いよいよこの過酷な格差社会の開幕へ

2017年02月22日 19:48


暫くぶりの更新です。最近Twitter(@takaou)の方
で呟く様になり、特に長文を書きたくなる様なネタ
も無かったのですっかりサボってました。

ついに今週末、待ちに待ったリーグ戦開幕です。 

早かった様な短かった様な。歓喜の11月21日から
3カ月。ついに皆が待ち焦がれた5年振りのJ1の
シーズンが始まるのです。

チームの方は例年通り怪我人が多いこと、キャンプ
中の練習試合は余り内容・結果共に今一(非公開の
為想像の範囲内では)だった様で多少気がかりでは
ありますが、昨年の主力メンバー残留+過去最高の
補強による新シーズンは楽しみで仕方ありません。

ここに来てジュリ&マセが完全合流し開幕に合わせ
て来たのは頼もしい限り。まあ外国人は適度にサボ
ってくれるタイプの方が試合でやってくれると思う
ので、余り心配してませんでした。
ヘイスも気がかりの体重は絞れた様ですし、ぷく森
も一応試合には出れる様になった様だし。

またWエース都倉・内村が怪我も無く順調にここ
まで仕上がっている様子なのが何より。流石にこの
2人がギリギリのところで点を獲ってくれないと、
勝点1が0、勝ち点3が1になってしまうので。

心配は主力として一番期待してた兵藤の復帰時期。
彼がいる事で、相手チームのマークや警戒心も彼に
集まる筈ですし、何よりピッチ内での戦術眼の高い
選手だけに四方田監督の描くビジョンを的確に表現
してくれるキーマンだと思っているので、少しでも
早い復帰を願っています。

後は菊地。今週復帰出来れば良いのですが。永坂の
成長も見られる様ですが、序盤戦はやはりベテラン
の安定感が欲しいところ。

過去のJ1での戦いでは、元々札幌が苦手としてい
るスタートダッシュの躓きが精神面で負のサイクル
を招きズルズル連敗しているので、何としても開幕
戦、しかも17チームの中ではまだ予算規模的にも
近い仙台からは勝ち点を奪いたい訳であります。

仙台は期待の新FWクリスランが怪我で恐らく欠場、
左ワイドを務める川崎からレンタルの中野も怪我の
様子。まあACLに出てた頃に比べればまだマシだが
野沢に奥埜に三田に梁、富田といった中盤は中々の
メンツが揃い、FWは補強した石原に平山もいる。
DFは石川や平岡、補強したのが増島ってんだから。

しかも今日選手名鑑の推定年棒欄をみてたのだが、
まあ仙台の選手もそれなりに貰ってて、こりゃここ
だけ見ると適わんなと。金園が試合前にこれをやり
たくなる気持ちも良く分かりましたww

その次の掲載チームが鹿島なんだけど、一気にもう
「次元が違う」レベル。1億とか8000万が普通
にいる。大伍も4500万貰ってんのか!とか。
もう浦和とか見る前にそっと選手名鑑を閉じました。

ただ、だからこそ。我らが誇る北のプロビンチャが
この格差社会で成り上がっていくシーズンになった
としたら、どんなに気持ち良いだろう、と。
何としても「やってやる!」という気持ちにが湧き
上がってきますね。

今シーズンは札幌の歴史の中で、非常に重要な一年
になります。残留出来ればチームの運営でも野々村
社長が描く右肩上がりの曲線も期待出来るし、残留
出来なければ恐らく成長曲線は鈍化するでしょう。
何と言ってもDAZNマネーを考えても、今期J1に
残れるか否かは大きな違いです。勝負の一年です。

色々な不安と期待を抱えつつ、さて今週の土曜の夜
は浮かれてるのか、それとも頭を抱えてるのか?
実に楽しみですw
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/939-74fed0fb
    この記事へのトラックバック


    最近の記事