スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆境こそ燃えるよね

2017年04月25日 13:08


2017 明治安田生命J1リーグ 第8節
浦和3-2札幌 埼玉スタジアム2002/36,880人
得点 浦和;20’シウバ、40’関根、74’興梠
   札幌;34’兵藤、87’福森



先週より単身赴任先の名古屋に着任しました。
  
松葉杖での移動はそれはそれは厳しいもので、通勤
徒歩10分の筈が30分、朝から汗だく、腕パンパン。
そもそも着任の為の飛行機移動の際、空港の無駄な
広さや、古い駅のバリアフリーとは程遠い段差の多
さにかなりのダメージを受けました。

そんな中俺たちの翼、JAL様の乗務員の方の心配り
やクラスJシートの快適さに大変助けられました。
また名古屋はタクシーが初乗り450円で、且つ非常
に接客レベルが高い(必ずどの会社も名を名乗り、
短距離でも対応が良い)事もとても有難い。

正直体力的に厳しいし仕事的にも大きなビハインド
ではあるが、この逆境を何とか乗り越えたい。

浦和戦は土曜に病院の診察があった為、一旦札幌の
自宅に戻っており、生で観戦しました。
朝からツイッターのTLで埼スタに向かうサポ達の
様子を眺めつつ、羨ましくも気持ちを共有し気持ち
を高め試合に臨みました。

あのアウェーゾーンは何度か経験しましたが、本当
に燃えますね。圧倒的な赤い壁から来るホームの圧
を少数精鋭で受け止め、挑み、選手に少しでも声が
届く様後押しすることのやりがいが半端ない。
サポーターの原点の気持ちを強くさせられる場所。
だからか、ある意味で年に1度のお祭り的な雰囲気
をいつも感じていた気がします。

ただ、「Japanese・・・」事件以降の北ゴール裏の
空席やアッパーの入り具合は正直寂しい。
浦和は大嫌いだ。でももっと圧倒的な存在であって
欲しい。それでこそ乗り越える喜びが大きくなる。

試合序盤は5-4-1でガッチリ守っていれば大丈夫、
と思ったが徐々にピッチ幅・奥行きを上手く使われ
だすと、札幌のブロックのGAPを執拗に突かれる。
それでも最後の砦となるソンユンのお陰で何とか耐
えるも、セットプレーから失点。今シーズンセット
プレーの失点が多すぎる。四方田監督の事だから、
対策は打っているのだろうが。。。

それでも東京戦・川崎戦での「先制されてからの」
シチュエーションの自信のお陰か、相変わらず押し
込まれるものの反発力は失わず、カウンターからの
菅の一瞬の判断でDFラインから飛び出した兵藤へ
頭でパス、ラインブレイクに成功し同点!
但し直後に再三サイド突破を許していた関根に豪快
にぶち込まれ、1-2でハーフタイムに。

後半も何度もあったピンチをソンユンが耐えてくれ
たお陰で、浦和相手でも落ち着いてボールを回して
組立が出来る様にもなった。そこは12年や08年と
の大きな違いだ。但し最後のフィニッシュには都倉
と言えども中々やらせて貰えなかったのはJトップ
レベルのDFを揃えるだけあり、流石浦和だった。

興梠のPKは明らかにノーファール。1-3とされては
流石に気持ちが落ちるか、と思いきや伸二の投入も
あり諦めず、最後福森の見事なFKに繋げ2-3とした
事は非常に大きかった。

レフリーは全体的に浦和寄りのジャッジであった。
それが敗因とは全く思わないが、アディッショナル
タイムが3分だった事は正直納得がいかなかった。

競合相手の3連戦、1勝1分1敗。上出来である。
そして、何よりチームが自信を得た事が大きい。
勿論この結果で満足する気は更々ないが、事実流れ
は悪くない。

怪我人が多いのは厳しいが、そのお陰で菅ちゃんが
試合に出て、大きな何かを掴んだ事もチームの成長
に繋がったと言って良い。

改めてJ最高の逆境空間を楽しまれた皆様へ。
ただただ羨ましい!!
お疲れ様でしたー!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/948-4155d573
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。