FC2ブログ

俺たちはJ1で生きている!

2017年10月23日 10:26


2017 明治安田生命J1リーグ 第29節
札幌3-0柏 札幌厚別公園陸上競技場/9,614人
得点 札幌;15’宮澤、38’、51’ジェイ
   柏;

2017 明治安田生命J1リーグ 第30節
FC東京1-2札幌 味の素スタジアム/16,817人
得点 東京;65’ チャン ヒョンス
札幌;47’、59’ ジェイ

間の悪いことに、両方とも近郊にいながら参戦でき
ず。柏戦は小学校の休日参観&学校祭で、東京戦は
東京に用事がありつつ、時間が被ってしまい。。。

後者は8年振りのバンドの練習で、11月にライブを
控えていながらライブ直前まで練習参加出来ない事
もあり、ずらして貰う訳にも行かず。しかしながら
新加入のドラム君が謎の体調不良wで不在のオチ。
直前練習まで顔合わせすら出来ないという不安w

柏戦は今期最高の出来、と言われる程、スタッフ達
の会場選択も含めたスカウティング、練習や戦術の
全てが上手くいった試合でした。まさか優勝争いを
している柏に3-0で試合を終えられるなんて、想像
もしておりませんでしたが。

東京戦もそうでしたが、改めて今のウチのメンバー
はJ1の中でフィジカル的に優位に立ててるのだな
と実感しました。逆に言うと日本全体のフィジカル
軽視?の選手選考もどうなんだろう、と。
とは言え4CBを並べた三浦サッカーがJ1では・・
という事例もウチは抱えてるのでw当然戦術的整備
やテクニックが伴ってのフィジカルなんだけど。

柏も札幌対策としてブラジルトリオを先発に並べ、
推進力のパワーでウチに圧力を掛けてきた。
右サイドで菊地がすっ飛ばされたシーンには度胆を
抜かれたし、特にクリスのFKやミドルは半端なか
った。それでもそのパワーや巧みな地上戦を一本の
ロングボールで消せる武器を活かした札幌がこの日
は上手だった、ということ。

1点目ジェイの宮澤へのアシストはマーカーの背後
から頭で落としたもの。ジェイ1点目は高く上げら
れたゴール前へのボールを目測誤ったGK中村より
先に触り叩き込んだ。3点目は左サイドで一旦切り
替えした石川の動きを見てDFの背後で動き直し、
クロスに抜け出したジェイがまた頭で叩き込んだ。
ジェイのコンディションが上がってくると、こうも
頼りになるのか、と思い知らされる試合になった。

柏戦については、完全に高さを活かしてシンプルな
サッカーで柏をはめ込んだ。ただ序盤柏のパワーを
活かして押し込んできた時間帯を耐え忍べなければ
ズルズルとやられていた可能性は高い。という事は
やはり四方田サッカーの基盤は「しっかりした守備」
なのである。結果としてクリーンシートだったのも
見事である。

一方東京戦、戦力差ではある意味柏よりあったかも
しれない。ただ、この試合は今期の東京を象徴する
様な試合、サポーターも含めモチベーションに問題
があり過ぎた。アウェーの地で見事なコレオを見せ
声でも圧倒した札幌サポの姿を選手が見た段階で、
ほぼ勝負は決まっていた様に思う。

試合開始直後にゆったりパスを回そうとする東京の
選手にその勢いのまま前プレを掛けてボールを奪い
都倉がポスト直撃のシュート。そこから怒涛の攻め
で押し込んだ辺り、戦力差のあるチームとの闘いに
は見えなかった。前半は東京はボールを持つが安間
監督が言う様にフィニッシュの形が見えず、前プレ
の強度が強く重心が後ろでもシンプルにFWが走る
スペースに蹴り込んでくる札幌の攻撃に苦しんでい
た。高さもそうだが走力でも札幌が上だった。

都倉が福森のCKからドンピシャのシーンや荒野の
スーパーミドル等、GK大久保の奮闘で何とか凌い
で東京は前半は逃げ切ったが、後半早々にクロスを
都倉が足元に落としたボールをジェイが上手くコン
トロールしゴール角に決めると、中盤に落ちた都倉
からのクロスをジェイが頭で叩きつけて2点目。
その後1点は返されたものの、正直2点目で勝負あ
り、という雰囲気だった。

1点目はまず福森の軌道高めのクロスに対し、丸山
が都倉と競れてすらなかった。2点目のヘッダーも
確かにジェイの高さが圧倒的とは言え、つききれて
いなかった。この辺からして、東京が柏戦の分析を
しっかり出来てたのか?と思うし、東京の選手達の
モチベーションもどうだったのか、と思う理由。

まあ元サポとして東京の事については色々言いたい
事はあるけれど、今は正直どうでも良いのでwまあ
それはそれ。

今年の序盤札幌はJ1のスピードに慣れず苦しんだ。
開幕の仙台戦、横浜戦辺りを思い出すと、局面では
やれていても、結局押し込まれ耐えられなかった。
それでもジェイやチャナ、石川が入る頃まで何とか
耐え忍んで地道に成長を続け、そこから光が見えて
ここまで来た。

柏戦、東京戦のウチは正直「強かった」と思う。
とうとうJ1でここまでの試合が出来る様になった。
08年も12年も、夏以降既に半死状態になっており
スタジアムに行くのも試合をTVで観るのも正直に
言えば辛かった。

最後に得られる結果に関わらず、今年のシーズンは
興奮で握った手の汗の様に、滲み出てくる
「俺達はJ1の舞台で生きてるんだ」
という実感で感じられる喜びが半端無い。

さあ、残り4試合。思いっきりJ1を楽しもう!




スポンサーサイト


コメント

  1. ノンキ | URL | K6ObBF8M

    Re:俺たちはJ1で生きている!

    お久しぶりです。いやぁやっとこさアウェイで勝ちましたよ。次節鹿島戦よろしくお願いしますよ!

  2. たかおー | URL | -

    Re:俺たちはJ1で生きている!

    ほんとお久しぶりですねぇ!
    東京戦雨の中お疲れ様でした〜
    私も名古屋勤務になったので、アウェーも行こうと思いつつ中々ね。。
    新潟は行って、G大阪も予定してます。鹿島戦は勿論行きますよ。
    残留決めて来ます!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/957-098e44f0
この記事へのトラックバック


最近の記事