FC2ブログ

14年越しの大願成就

2017年11月19日 12:46

2017 明治安田生命J1リーグ 第32節
清水0-2札幌 IAIスタジアム日本平/13,723人
得点 清水;
   札幌;11'、39’ジェイ


昨日は東京のライブハウスで自分のバンドのライブ
があり、打ち上げも含め夕方まで拘束されており。

打ち上げ中場所が地下であった為だぞーんも見れず
勝っていることは分かってたので、帰りの新幹線で
清水を通過しながら、ツイッターのTLで喜びを噛み
しめていました。

前日都倉が何やら遠征に参加しない、菊地とヘイス
が怪我とか、不穏な雰囲気も若干ありはしましたが
今年の序盤の様な層の薄さは今や感じられず、誰が
出てもチームでやる事が明確なのは試合を観ればこ
こ数試合一目瞭然であったので、正直左程不安はあ
りませんでした。
ただこのシーズンを支えてくれた彼らを、目標達成
の場に立たせてあげたかった、という思いはありま
したが。

試合は帰宅後ゆっくり楽しんで観ましたがアウェー
で勝てないあのチームはどこへやら。前半は清水を
完全に圧倒、事前のスカウティングとは違いジェイ
が両サイドに張る動きに清水も翻弄され、左石川の
クロスを右サイドから飛び込んでのヘッダーで先制
し、兵藤からのヒールパスをチャナティップが見事
なペナ内でのドリブル、こぼれ球を福森が冷静に右
のジェイにパス、ダイレクトで併せ前半で2得点。
後半は清水に圧される展開も2点差を上手く精神的
にも優位に活かして試合を運び、そのままクローズ。
1時間前に広島は勝利していたので、見事自力での
J1残留を果たしました。

これは書き始めると今年の総括になってしまうので
また別の機会にしようと思うのですが、既存の選手
とシーズン前に加入してくれた選手、夏に新加入し
てくれた選手と、徐々にチームが成長していく中で
この悲願は勝ち取ったもの、と思います。

一つどうしても上げたいのはユース出身で唯一今年
中盤以降のレギュラーを勝ち取った荒野の成長。
正直昨年まで怪我がちな事もありつつ、どこかもの
足りないシーズンを繰り返していた。今年も序盤は
プレーが安定しなかったが、元々のテクニック以上
に運動量に磨きをかけ、走れる選手になった事で攻
守共にチームに貢献できる選手になった。

昨日もジェイの一点目、アタッキングサードで相手
ボールを引っかけ周囲を清水のDFに囲まれながら、
粘り強くボールを運び左サイドの石川にボールを流
した。あのプレーには本当に感動したし、彼自身の
一層の成長も、他のユース出身選手も彼に出来るん
だから俺にも、と思ってやって欲しい。
そうでなければ、我々の様な地方クラブはこの先も
J1に定着することは難しいのだから。


個人的には前回残留を果たした01年はただの観客と
してドームへ足を運んでいた。自称札幌サポと意識
したのはあのどん底の03年-04年から。
J2で年間5勝だった2004年、将来J1に定着出来る
チームになる事を、チームもサポーターも同じ目標
とし、その為には一歩一歩、少しづつ進むしか無い
と腹を括った。

それでも当然上手く行かない時期が長くって諍い事
もそれなりに多くあったし、離れて行く仲間もいた。
2度の昇格もあったが、正直そのJ1シーズンの終盤
は辛いことばっかりだった。

ようやく叶った大願。
14年も懸かったよ。
自分の人生の中で、これまで長く願った大願って
あったかな?
こんなに一つの事で長く一喜一憂してきたことって
あったかな?

この文章を書いているだけで涙が止まりません。

札幌に関わった全ての選手の皆さん、
スタッフの皆さん、
サポーターの皆さん

おめでとうございます。
ありがとうございました。

そしてやっと成し遂げたこの大願ではありますが、
本当の目標はこの先の「定着」なのです。
皆んなで努力して、続けていきましょう!!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/959-765541eb
    この記事へのトラックバック


    最近の記事