FC2ブログ

響き渡る「行けサッポロ!」コールの快感

2017年11月27日 11:34

2017 明治安田生命J1リーグ 第33節
G大阪0-1札幌 吹田スタジアム/25,625人
得点 G大阪; 
   札幌;72’ジェイ


201711271242283f5.jpeg


昨日は久々のゴール裏、試合後は相当な疲労感で。
千里中央でガンバファンの大学の同期とたこ焼き屋
とバルで飲み新幹線で名古屋戻り、だぞーんで余韻
に浸ろうとも前半早々で寝落ち。今朝も声ガラガラ
疲労感満杯ですが、メンタル的には超爽快。

J1上がったら絶対に行く!と決めていた吹田スタ。
千歳7:40発JAL伊丹行は目測5割はコンササポw。
伊丹からモノレールで20分万博記念公園に到着。

人生初の太陽の塔を目にして、大賑わいの巨大商業
施設のエキスポシティを横目にスタジアムへ歩く。
きつい階段を上り下りして20分、今や日本最高峰
のスタジアムに到着。中に入りコンコースを歩いて
いる時点でピッチと観客席の雰囲気がビシビシ。
観客席に入って一望するだけでもう絶景だった。
日本に初のイングランドタイプで全席屋根付きの
箱型スタジアムだ。正面のガンバゴール裏がまるで
壁の様だった。凄い。まずこれだけで感動した。

スタグルがまた素晴らしかった。座席から上がって
コンコースに出るだけで売店がずらり。アウェー側
もちゃんと店がいっぱい。早速くくるのたこ焼きと
肉まる商店の肉吸いうどんを堪能。どちらのも買う
とガンバ選手のカードをくれるというサービスも。

スタジアムの話題はこの辺で試合の方へ。

選手アップ時より明らかに札幌ゴール裏の雰囲気が
良く、決起集会時から「達成した残留のその先へ」
というテーマを共有出来ていたのと、何よりも皆が
・・・てかコールリーダーが超楽しそうでwそれが
全体に伝播したというべきだろうかwwただそこは
緩く楽しむのでは無く、全力で楽しむ感じで。

それが選手入場前、静寂の吹田スタへ一発かました
「行けサッポロ!!」の大コールに繋がった。
ダゾーンでも確認出来ましたが、あれはやってる方
も超鳥肌モノでした。

試合は序盤ハイプレスでガンバを押し込むも、荒野
の怪我辺りから落着いたガンバがボールを保持。
正直後半は一層その傾向が強くなり、深い位置から
カウンターを繰り出そうとも、2シャドーが守備に
追われジェイのフォローが出来ず、ボール逸の繰り
返し。ただ必要に裏を狙う長沢を何度もオフサイド
にかけるし、サイドを突破されても粘り強く守りき
る事は出来ており、所謂本来のウチらしいサッカー
は出来ていた様に思う。

余所様の事ではあるが一応触れておくと、井手口は
ボール狩りが秀逸、倉田からはボールを奪える雰囲
気が無く流石の代表選手。一方遠藤は進藤にカット
されたシーンあり、正直衰えたなぁという印象w
また長沢が必要に裏を狙っていたのだが、良い時の
ガンバに見られる連動性が一切なく、彼一人の予備
動作で合わせてくるのでそりゃ読まれるわな。

スコアレスで終盤、福森が怪我で菅ちゃんと交代。
札幌の武器セットプレーは厳しくなる、と思った。
それが菅ちゃんのCKからジェイのヘッダー!!
深い箱型スタジアム所以、声援がドーム以上に反響
するそのスタジアムの静寂の中で、札幌ゴール裏の
熱狂の絶叫のみが響き渡る、その快感と言ったら。
これを超える快感が得られるのは多分埼スタだけ。


20171127124230df7.jpeg

後はもう札幌タイム。粘って守り切って時間を使い
結果を毟り取った。その後は一しきり歓喜の大騒ぎ
をさせて貰い、長谷川監督ホーム最終戦セレモニー
を結果的にぶち壊してしまいましたww

やはりモチベーションの差がはっきり出たと思う。
残留を決めたが、更に上の目標を持って臨んだ札幌
と、監督は早々に退任発表し目標を失ったガンバ。
選手もサポも目に見える様な歴然としたここの差で
個の実力をひっくり返す試合なんぞ、過去に何度も
この目で見てる。

アウェーだったし、チーム自体上手く行ってるから
やり易かった面はあるけれど、サポーターの意識の
共有って本当に大事だな、とつくづく思う。
去年今年と厳しい時期もそうやって乗り越えてきた
結果、今の雰囲気があると思うし、この辺はやはり
野々村社長の広報的役割の中で繰り返し現状認識を
PRし続けてきた事が非常に効いていると思う。

最後に、アップ時最初の選手コールが都倉であった
こと、試合開始時に竜二のコールをしたことを参戦
されなかった皆様に是非お伝えしたい。

この素晴らしいチームと共に、最終戦も楽しもう!


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/960-96dafc1e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事