コンサ史上最高のシーズン

2017年12月08日 11:51

2017 明治安田生命J1リーグ 第34節
札幌3-2鳥栖 札幌ドーム/27,796人
得点 札幌;6’ジェイ、16’都倉、88’横山
   鳥栖;40’田川、52’キムミンヒョク



大分たってしまいましたが、ホーム最終戦について
の思いを記録しておきたく。

楽しみにしていた試合後のセレモニーでしたが予想
以上に長くなってしまい、ヨメを車で迎えに行かね
ばならなかった為、サンクスウォークの途中で離席
してました。

長男がトイレに行きたいというのでフロアで待って
いる時、四方田監督の挨拶が聞こえてきて。
正直くだんのオファーの件で微妙な立場故、ああい
うくだけたインタビュー形式にして、監督挨拶しな
いのかなぁ、と勝手に思って不安を募らせてた。
だから、あの場にいた多くの人と同じ様にその言葉
を聞いた瞬間、泣いてしまいました。
しかも結構な勢いで。

目の前の子供達はきょとん、としてしまい
「なんで泣いてるの?」と。
何とか子供にも分かる様に説明しましたが
「そんな事で泣くのー??」と笑われてしまい。

確かにそこまでの思い入れの無い人からすれば
「そんな事」なのでしょう。
でもあの場に居た多くの人にとっては
「そこまでの事」であって。

この辺の事は説明するのは難しいし、説明する必要
も無いのかもしれません。

試合の2日前の夕方、一報が入ってからのモヤモヤ
した感じ。翌日の報道や昼間のノノラジの内容等で
ある程度今回のミシャへの監督交代の件は納得でき
てはいましたが、我々にとって今回の件で一番大事
なのは「ヨモさんにチームから離れて欲しくない」
この一心でした。

2万8千近くの動員、JBと都倉のコンビネーション
での見事な2人の得点、追いつかれてジリジリしな
がら大歓声が勝ち越すことを期待している中、残り
1分での横山の劇的なヘッダー。伸二とイナの共演
も演出されての大勝利。

そしてJ1での過去最高順位である11位の達成。
サンクスウォークで次々と繰り出される選手の残留
宣言(これについては苦言を呈したい思いもある)
微笑ましい選手の子供がピッチを走り回る様子。。

コンサドーレ史上に残る大挑戦に挑んだこの1年を
締めくくる意味で、この通り最高の大団円となった
筈だったが、心に引っかかるヨモさんの去就の行方
だけが全てにモヤをかけていた。

それが自ら伝えてくれた言葉で、吹き飛ばしてくれ
たのだ。こんな嬉しい事は無い。
その言葉が聞けてようやっと、
「コンサ史上最高のシーズン」と言えたのかな、
と思ってます。

改めて本当にありがとう、四方田監督。ヨモさん。
正直言って少々お人よしが過ぎる気もしますがw
コンサドーレの殆どの歴史に関わってきて頂いて
尚、あなたの変わらぬチームへの思いの強さに
感謝します。

そして何年後か、再びチームを率いる日を楽しみに
待ちながら、我々も変わらず札幌というチームと
ヨモさんを応援して行きますよ!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/961-96f3f82d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事