10年振りの味スタ、7年振りの再会&倉敷アナのコト

2018年05月14日 11:20

2018明治安田生命J1リーグ 第14節
FC東京0-0札幌 味の素スタジアム/24,589人
得点 東京;
   札幌;



20180514111411845.jpeg


GWのガンバ戦も参戦したのですが、連休明け忙し
過ぎてブログアップ出来ず。たまたま東京の本社で
週末研修がありそのまま週末を実家で過ごした為、
東京戦は会社の金で参戦する事が出来ましたw

今年は広島・鹿島・浦和・東京と早くもアウェー戦
四度目なのだが、結果は0勝1敗3分。しかも3戦
連続でのスコアレスドローは正直残念。。。
まあ試合内容はどれも素晴らしかったので、昔の様
な帰路の足取りの重さが全く無いのは有難いですw

実家の八王子から飛田給へ、待機列で雨も本格的に
なって来てヤダナーと思ってると、会社の元先輩で
2000年代にいつも一緒にアウェー遠征してた方
に偶然にもバッタリ。昇格した11年ホーム最終戦
でお会いして以来の再会。

そこそこ歳も上の方だしこちらも子育てでバタバタ
している間に縁遠くなってしまっていましたが、住
まれてる仙台から今も年数度アウェー参戦されてい
る様で、去年も清水で残留の場に立ち会ったとか。
当然ご一緒させて頂き、昔話に花が咲きました。

試合は雨が激しくなる中一進一退の攻防。ただ全体
的には東京が狙うショートカウンターの脅威を感じ
つつ、札幌は先発復帰したジェイと都倉へのロング
ボールをアクセントに、慎重なボール運びに終始。
序盤ソンユンの好セーブから怒涛のシュートを浴び
て以降、札幌の時間は多くはありませんでした。

今年のデータを象徴する様に後半から徐々に札幌の
時間が増え始めましたが、流石にガンバを短期間で
立て直した長谷川健太スタイル、見事復調した森重
を中心としたDFライン&林の鉄壁のディフェンス
を最後迄崩すには至りませんでした。
勝てれば勿論良かったですが、上位同士の痺れる様
な緊張感のある攻守の攻防戦をやり切った事もまた
「新しい景色」の一つでした。

三好がいないせいか、駒井が若干攻撃でやり切れて
いない印象でしたが、その分菅ちゃんが思い切った
攻め上がりをしていたし、進藤も攻守のバランスを
上手く保ち、深井さんはボール狩りは当然機を見た
スペースへのドリブルからのチャンスメークも。

特筆すべきは前節に引続きミンテのカバーリングの
読みの良さ。東京の永井・オリヴェイラの縦突破を
ミンテのカバーが何度も救ってくれた。

この様にミシャが使い続ける若手達が、確実に開幕
当初から大きな進化を遂げ、この「新しい景色」の
中で躍動している事を本当に大きな喜びと感じる。

一点苦言を呈するとすれば絶対的に評価はしている
都倉なのだが、競り合い時手で相手をプッシングす
るクセはそろそろ治したい。札幌のセットプレーが
ファールになるシーンの多さが話題となったが、そ
こでも何度かやっていたし、フィフティのボールで
DFとの競り合いももう少しフェアにやって欲しい。
まあその都倉の強引さで獲ってくれたゴールも多い
んだけどさ。。。

さて、ツイッターのTLで実況の倉敷さんへの批判を
結構見て、「ク・ソンヨン」「名古屋ボール」辺り
の間違いに対して勉強不足だ、と。
前者については、元々海外サッカーの実況時に現地
読みに拘ったりされる方なので、読み間違いという
よりは拘りなのかな?と思ったり(調べてない)。
後者はただの言い間違いでしょうね。

でも帰宅後実況を聞いて、個人的には感動したのが
都倉が味方を信じゴールへ走り込む事を評して、
「戦う気持ちを象徴してくれる選手がいる事は幸せ
ですよね?」
と表現してくれるアナウンサーにウチの試合を実況
して貰えるのは嬉しい事だな、とも思いましたよ。

あと、札幌のセットプレーの守り方に対し
「札幌はキレイに一列のラインを敷いてます。この
守り方のメリット、デメリットを教えて下さい」
と解説の中田に質問した後、東京のセットプレー時
に同じく聞き「札幌=ゾーン・東京=マンマーク」
の説明を行う辺りも相変わらず流石だな、とも。

倉敷さんも相手を見て質問してるんだろな。
同じ事を秋田解説員に聞いた所でボヤっとした答え
しか返ってこんからなww



スポンサーサイト


コメント

  1. mfrb | URL | -

    Re:10年振りの味スタ、7年振りの再会&倉敷アナのコト

    雨の中、応援おつかれさまでした!始まる前に、アウェイ席4000枚売れてるとか聞いてビビりましたw

    私は倉敷さん好きですよー。あのような方に札幌ごときwが実況してもらえる機会はなかなかないですからね。CKの守り方についてのやり取りは、私もさすがだなと思いました。

    でもたまにおもしろいところがあって、試合の終盤でよく「オープンな展開になる」ことがありますが、そのことについて以前に別の試合で倉敷さんが「開かれた展開になりました」って言ったことがあったんです(あの冷静な声で)。「確かにオープン=開かれるって意味だよな」って思ったのですが、その表現が何かすごくツボに入って、それからはうちの人といつも「開かれてきたぞ!」とかって使ってますw

    すみません、試合と関係ないのに倉敷さんについて長々と書いてしまいましたw昨日はほんとに息つく暇もない試合でした。試合全体で見れば確かに押されていたけど、体張って守りつつも頭と体を使って虎視眈々とゴールを狙う我がクラブが非常に頼もしく見えました。試合終了直後の健太も楽しかった感満載の顔をしていましたw

    中断期間前最後の試合なので私は神戸に行ってきます。ポドルスキいないの残念だけど、自分的にはポドルスキよりレアンドロの方が怖いです…。しかし去年はシーズンダブル食らっているので、神戸には絶対勝ちたいですね!

  2. たかおー | URL | -

    mfrbさん
    コメントありがとうございます!
    ひどい雨でしたよー私は仕事のスーツケース持ってったので濡れる訳にも行かず、ゴール裏後方に陣取りましたが、それでもそこそこ吹き込んで来て濡れた位なので、前方のサポは海に飛び込んだのかと思う程ビショビショで。

    倉敷さんは独特の表現ですよねー。私は「ゲットーー!」とかも好きですねぇ。ありがちな地方局のサッカー中継自体経験少ないアナと違い、サッカーを知り尽くしたアナの一人だと思ってるので、ホント札幌ごときがと思ってるのもあり、あんまり細かい事にとやかく言いたくないなぁ、と。

    神戸戦で暫くJ1上位で過ごす毎週末の生活もお預けになるので、神戸の良さげな呑み屋巡り含め遠征楽しんでいらして下さいw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/973-b0240c60
この記事へのトラックバック


最近の記事