FC2ブログ

QYC(急に ヨメが コンサに興味持ち出したので)

2018年08月06日 18:07

2018明治安田生命J1リーグ 第20節
札幌1-2柏 札幌ドーム/26,805人
得点 札幌;59’ジェイ
   柏;42’瀬川、68’江坂


超久々のブログ更新となります。

暫くブログ休んでた間、ワールドカップ期間中は以前
札幌にお越し頂いた岐阜サポの社長に招かれ長良川の
ゴール裏行って観たり、所要で東京へ行ったついでに
久々にフクアリで千葉×大宮とかJ2観戦もしたり。

そして我が家的にはこの間に大きな変化が。

結婚13年にして、サッカーは勿論コンサに一切興味
を持とうとしなかったヨメが急に
「次の試合はいつあるのか?」
と中断期間になった途端言い出したのだww
そして宮の沢のファン感にも「勿論行く」と言い出し
会場では俺の所有物である深井さんのユニフォームに
チャナのサインを勝手に貰って来るという暴挙にw

理由はよく分からんが「今の札幌は強い」という事実
は大きいと思う。その上で長男がサッカーを始めたり
コンサにドハマりしてて、チャナが大好きで石屋製菓
のCMマネしたりしてるので、その影響もあるのかも
しれない。ヨメも一番好きなのもチャナだという。

そしてついに、昨日の柏戦で実質ホームデビューとあ
いなった。過去長女が小さい時に厚別に連れてきた事
があったが、兎に角帰りたそうだったww
その昔東京でFC東京戦に連れてった時は
「勝手に予定を決めるな!」と激怒されたwww
それ故この大きな変化には正直感動したw

昨日は子供達全員大好きなポケモンのシールラリーが
あったり、よつ葉の試供品提供や各社ブースもすごく
充実してたの事もあり、試合前から楽しかった様子。

その上コンサ大先輩である子供達が事ある毎に教えて
くれたのも大きい。ここで選手が出てくる、ここでは
タオルを掲げるよ、あの選手は○○だ、と。
但しスタDJが潮○だと分かった瞬間に長女がヨメに
「この人だと負けちゃうかもね」とか説明しだしたり
少々私の英才教育が過ぎた事を反省する一幕もありw

試合は序盤札幌が押し込むシーンが続くも、4連敗中
とは言え自力のある柏が伊東純也のサイド突破を中心
に危険なシーンを連発。守備ではどうも長崎戦もそう
だったが、エアポケットの様に集中を欠いてカバーを
怠ったりする場面も多く、ソンユンで無かったら5点
位取られててもおかしくなかった。

先制されヨメもだんだんテンションが落ちてきたかな
と思いきや「応援しよう!」と子供達を促してたり、
意外や意外。ジェイの得点シーンでは初ハイタッチ。
終盤は流石に札幌のミスの多さにイライラした感じも
あったが、終了後は最前列まで子供と行き選手の挨拶
に拍手、帰り道でも「来週も行く!」と言っていた。

正直言うと試合2時間以上前に来場し、飽きて文句を
言い出さないかヒヤヒヤしていたが、イベントの多さ
にはビックリした様子で「これなら飽きないね」と。
まあたまたまイベントの多い試合でラッキーではあっ
たのだが、数年前では考えられない程ブースも増えた
し、それだけ札幌のパートナーが増えたって事だ。

そのパートナー達と、来たお客さんに試合以外の部分
でもどうやって楽しんで貰うか、と共に努力している
事が各種ブースやイベントから伝わってきた。
それにスタジアムTVや映像の随所に企業名PRをする
など、折角ある大ビジョンを最大限効果的に使って、
如何に観客とパートナー企業を満足させる試行錯誤を
行っているか、も感じられる様になった。

この辺数年前では正直感じることも出来なかった。
試合結果が良ければ満足、悪ければ不満足。
それだけだった。

ウチのヨメも言わば「たまたま興味持って来てみた」
お客の一人だ。今札幌は強いから観て見たい、と昨日
のドームに久々に、もしくは初めて来たお客と同じ。
もしかして敗戦にがっかりし、暫くいいや、となるの
か?それとも試合以外でも楽しめたからウチのヨメの
様に「また来よう!」となるのか?

その辺、自分のヨメを通して色々感じることが出来た
のは良かったかな?と。

正直ヨメも飽きっぽい性格ではあって、いつまでこの
興味が続くかは読めない。サポーターを増やす努力を
イチサポーターとしてはするべきなんだろうが、身内
故に当然色々メンドクセー部分もあるという事に関し
ては一つご了承願いたいw
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/974-d1d5f8fc
    この記事へのトラックバック


    最近の記事