FC2ブログ

試される大地、的な。

2018年11月12日 19:11

2018明治安田生命J1リーグ 第32節
札幌1-2浦和 厚別競技場/12,723人
得点 札幌;25’進藤
   浦和;6’,35’武藤


20181112190737e7f.jpeg

日程発表された際に大変心配された今回の浦和戦。
結果的に気温はこの時期にしては奇跡的に高かった
事もあり、まあ色々と有難かったのですがまあ過去
この時期に厚別で観戦した経験が無かったものです
から、あそこまで天候が変化するとも予想しておら
ず、朝の天気予報で危うくカッパを置いて行く判断
をしそうになり。子連れ且つ観戦慣れしてないヨメ
も連れてくもんですから、危ない所でした。。。

更に予想外だったバクスタだと正面から突き刺さる
西日。選手も大変だった様ですがこれはまあ強烈で
したね。これには流石にヨメもしんどそうでしたが
帰りはそう呟くより「浦和は強いね。悔しいねえ」
といっちょ前にサポーターっぽくなって来て、何だ
この2-3ヶ月での成長っぷりはwと可笑しくなり
自分の悔しさが吸収されてしまった。

今回厚別に1万2千、ほぼ満席的な状況となり、こ
れがドームなら3万確実なのにという声も多く聞か
れており、事実多分そうなるとは思う所ではあるが
浦和サポが3千人程度との報道もあり、単純に引算
をすると実質札幌側の集客は9千人程度という事に
なる。

「いや厚別だから」「アクセス悪いし」「この時期
ありえないっしょ」ってのは当然正しいんだけれど
調べたら98/11/14の対横浜戦の厚別は15,172人も
入ってて。という事は、当時の熱狂振りはもっと凄
かった、って事なんだろうなぁ。そして札幌ドーム
という恵まれた環境で見慣れている我々は、この様
な時にこそサポ力が試される、という事なのかな?
とも思った次第。

そしてピッチ上の選手も同様、今が正念場である。
ジェイ不在、駒井出場不可、深井さんが理由不明な
欠場。層は厚くなったし大丈夫、とは言え正直連携
面でのミスが多く、影響が無かったとは言えなかっ
た。前半の2点共非常に安いミスだった。ミシャの
サッカーではこの手の失点は付き物。ただ1試合で
2回も3回も同じミスは許されない。ましてやACL
に行きたい、と言ってるチームならば。

後半の猛攻は見事だった。でも結果得点が決まらな
ければまだ見ぬ道が一つ一つ途絶えてしまうだけ。
自力でのACL出場はこれで無くなってしまった。

浦和は去年そのACLで優勝したチーム。しかも2度
目。大谷地からの行きすがら、前を歩くレッズサポ
が背中に「ACLチャンピオン」と入ってるウェアを
着てるのを見て、正直誇らしいだろうな、と素直に
思ってしまった。羨ましかった。

この日の主審は流すのかファールを取るのかどうも
基準がブレブレで両チーム共に戸惑ったが、浦和の
選手は当然そのACLの舞台に戻る為、玉際の競合い
も非常に激しかった。結果ユニを引っ張ったり、手
を使うプレーがかなり目立った。それ自体当然ダメ
なんだけど、その辺からも必死さが伝わってきた。

コンサドーレが体験する初めてのJ1上位での厳しい
終盤戦も残り2試合。ここをどうやって戦うのか?
今正に選手達は試されているし、サポートする我々
も試されているという事なんだろう。

知らなかったのだが、試合後浦和ゴール裏からは
「すすきのへ行こう」コールがあったとか。
こうやって煽って来る事自体、この試合での勝利
の価値を浦和サポも認めてるからこそなんだろう。

それ以前に札幌とこうやってじゃれ合ってくれる
のは正直浦和くらいであって、悔しいけどこれを
やられてこそ、次にやり返した時の快感があるん
であって。08年の埼スタレッズ戦、負けて悔しか
ったんだけど、正面のゴール裏からエメダンマク
が見えた時には正直言えば嬉しかったしね。

今回怒ってる札幌サポもいるとかいないとか。
まあ感情は人それぞれだけれども、この程度の事
は当事者間のお約束の範囲内って事で、あうんの
呼吸でやり合いたいよね、とは思った次第。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/979-11d1798b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事