寝込んでいろいろ。そして「倉内」って誰?

2005年12月19日 10:03

20051215-00000007-spn-spo-thum-000.jpg



木曜日の昼飯を食ったあたりで、完全に頭と体が言うことを利かなくなった。


とりあえず仕事中の昼休みだったので、営業車のシートを倒して休むが、寒くて仕方ない。起きてみたらさらに酷い状態に。
なんとか家へたどり着き、5時ごろ帰宅するヨメを寝て待つ。
体温を測ると40度、見てしまうと余計気持ちが負けてしまう。。。


「取り合えず風邪薬たのむ」


とヨメへメールするが、「それはインフルエンザなのでは」という返信。
俺が?へっ?
カカッタコトナイヨ・・・
これが噂の~?
俺、今、生まれて初めて流行の最先端にいる!!


なーんてことで気持ちはほぼパリコレ、つまり「ほぼコレ」。流行の最先端!!
でも酷い顔が熱で更に酷いことになっており、顔を覗き込まれて「辛そうですね」などとともし言われようなら「、どこみてんのよ!!」と返したいがその気力もない状態で病院へ。(ロンブーハーツSPの”ほぼコレ”面白かったなあ~)
早速病院で検査、点滴。


丸2日、39度前後の熱で寝るにも寝れない状態で朦朧とした感じが続きました。
その間、何故かFMNack5(いつも営業中聞いている)、バカボン鬼塚氏率いる「かかし」の、ワンマンライブチケット発売中CMで流れている曲が、エンドレスで頭の中を流れ続けていて気持ちが悪かった。
振り払っても振り払っても気づけば流れている「ワンマンライブを~やっちゃいます~」「会場は渋谷~オーイーストですっ~」(このフレーズのところが特に)。更に熱が上がっていく感じがした。
明日出社して車に乗った時又あのCMが流れたら、俺は恐らくラジオのOFFボタンをめり込む程に押してしまうだろう。


しかし一人暮らしの長かった私としては、こういうきつい時に雑務を普通に頼める相手がいるというのは結構不思議な感じがしましたね。
安心して療養できました。


それにしても、4日も酒を飲まないなんて、前回入院した時以来ではないだろうかww
いい休肝日になった。



少しテレビを見たり、ネットを見始めたのが昨日で。


仰木監督が無くなったのはびっくりした。
一プロ野球ファンとして、心よりご冥福をお祈りします。


トヨタカップは、昨日の決勝から初めてちゃんと全部みた。
期待のアモローゾ、守備もするねえ。昨日は中盤まで戻って(ポジション低くなかった?)たし、前節でのゴール前での落ち着きはさすがだったし。ナオ・ノリのクロスをガンガン決めてしまってどうしよう、という妄想を抱いてしまう。
ついでに左サイドをほぼ全てカバーして、決勝ゴールまで決めてしまったミネイロ(それにしても、ブラジルには何故こういう有能なWB・SBが育つのだろう)も、セットで貰えないだろうか、なんて無駄な妄想をする。


リバプールはキレは無かったけれども、サイドからのクロスや前線へのロングボールで好機を作るらしい展開。それでもサンパウロはそのターゲットへの必要なチェック、リバプールが狙うこぼれ球からのミドルに対してのチェック、コース切り等徹底しており、スキが無い。
中央からはミドルは打たせてもペナ内からは打たせず(まあリバプールはここからのミドルがドカンとくるので怖いんだが、これもコースを全て切りに行っていた)。
ラインコントロールも秀逸で、セットプレーでの思い切ったオフサイドトラップあり、放り込んだこぼれ球を狙う選手を4人置き去りにするなど、メンタルがピークにある南米チームと、これから上げていく、という欧州チームの差が出たのかな、という感じでしょうか。


それでもジェラードが試合後相当時間座り込んでしまっていた姿をみると、少し選手の意識も変わってきたのかなという気もします。
キューエル、うまいけど、やっぱりムラあるなあ。来年日本戦でもたのんます。


しかし、確かに前戦で2発入れたとはいえ、日テレは何故クラウチにそんなにこだわっていたのだろう。
彼は少し前まで代表でも、リバプールでも点が取れなくって極めて微妙なプレーヤーだったはず。


ワントップモリエンテスのスターティングオーダーに必要以上に驚くコメンテーター達。
リバプールの注目選手として、ジェラードより先にクラウチをあげる。
そして実況は試合中、ピッチレポへ「クラウチまだですか?」と再三問い合わせ。


まあ、色んな意味で本国でも注目されているって意味では確かにそうなんだけどね。


お約束だけれども、何故か親善大使とやらの宮本が、無知なジャストミート(古!)が「注目選手は」と尋ねられ、「ヒーピア」と返すと「おお、初めて聞く名前が出てきましたね!!!」と、情け無いコメントをしてみたり、繰り返される「地球一」というキャッチコピー(このフレーズに一番違和感を感じているのは、我々サッカーファンよりも、素人だと思うが)等、
サッカーを中継するセンスをまず「地球一」に近づける努力をして欲しい、と思った次第であります。
あと、その前に少なくともあんたんとこのベルディを「地球一」とは言わないので、せめてJ1orz



この試合での名言二つ。

中継終了間際の上戸綾、サンパウロのサッカーは南米らしくない等とのたまわれ、さんまに笑われながら「よくそんなこと分かるねえ」と言われると、ちょっとキレ気味に
「そんなの観てればわかるじゃないですかぁ」
さんま、これにはエグい突込みはしなかった。
すまん、俺もわからなかったよ・・・上戸先生。



二つ目。

スタメン発表時、サブが画面上に出ている時、ヨメの一言。
「倉内さん、ていう日本人選手でてるの?」
へっ??
しばし呆然。

クラウチ=倉内

天才。ていうか天然。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/98-a65210f8
    この記事へのトラックバック

    極寒のサッカートリプルヘッダー3発目!!

    サンパウロサポーターの集団を離れたらまた寒さが襲って来た!やっぱりあそこだけブラジルだったんじゃねーかと思うぐらいw決勝開始前には雰囲気を盛り上げる演出があったけど、



    最近の記事