予想以上;ACLのベルディ

2005年12月22日 09:28

JB Antennaみておりましたら、コチラ→http://chibitimes.jugem.cc/?eid=184を発見。
見て、口アングリしてしまったよ・・・
あまりに衝撃的で。


ベルディ、大変なことになってます。
以前のエントリ(http://saptok.blog12.fc2.com/blog-entry-82.html)にて、ACL参加について書きました。
それにしても、こんなにヒドイとは。


ここまでヒドイと、本気でかわいそうになってきましたよ。
この日程(同日でダブっている試合は、さすがに調整される筈だと思うが)を突きつけられて尚、
「いや、我々は必ずJ1に上がりますよ」
と本気で言うのであれば、一回病院へ行ったほうが良い。
恐らくは言い出してしまって、収まりがつかなくなってしまったのか。
それならまだ間に合いますよ。


ベルディ所属だったワシントンが赤いチームに行ったので、「ワシントン繋がり」?で彼らがACL行く権利を得れるとか、なんかそういうコジツケでもはや良いのでは(リーグ2位だし、今年も補強バシバシだし。優勝はして欲しくないんだが、彼らにはACLに出て欲しい。んで、中国とかに大挙サポを送り込んで欲しい、それが可能なチームだし)。



結局、世界クラブ選手権の開催国枠なんてみっともないものを主張する前に、真剣にJのチームがACLで優勝できるようなバックアップをこれっぽっちも考えない協会って情け無いよな。
だーって、UEFAチャンピオンズリーグ04-05で決勝の地となったトルコのチームが開催国枠で出たっけ?
それにもし、開催国枠で出たチームが優勝しちゃった場合、世界クラブ選手権の看板を下げながら、自らの手で大会の価値を著しく下げるんでない?


川渕さんが真剣に日本開催の世界クラブ選手権を成功させようと考えていれば、この発想はもっと優先順位はずーっと後にくるものだ。今これを言うというのは目先の成功しか考えて無い証拠(まあある意味それが一番大事なのかね)。
そして、その意味で過度の負担をかけ、且つACL優勝の見込みが極めて薄いチーム(失礼ながら。可能性はあるよ!)を出場させることを、仮にも前Jリーグコミッショナーであった彼が発言するというのはあらゆる意味で「愛のない」発言だと思います。
その根底にあるのが、色んなしがらみだったとしても。


もし、Jや協会がベルディのACL参加をこのまま認める(?)のであれば、日程調整から何から、必死こいてバックアップしろ!と言いたい。
もし、J2の日程調整で他チームが迷惑こいても、彼らは日本の代表チームとなる訳だし、出るからには勝って欲しいから、それは飲んでもいい。



ベルディが、このわからんちんな「複雑な大人の事情」の犠牲にならんことを祈ります。












スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/99-8647fa46
    この記事へのトラックバック


    最近の記事